笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

一つは、◯◯◯◯以外の品揃え。
二つは、価格競争。
三つは、売上目標やノルマ。

 

店を経営していると、「やりたいこと」はいくらでもあります。しかし、時間は有限です。これまでを振り返ると、これら三つの「やらないこと」の決断が経営に大きな効果をもたらしたと感じています。

 

こう語るのは、日本最大級の道具街、東京・かっぱ橋の料理道具専門店「飯田屋」の飯田結太さん。飯田さんは大正元年創業の老舗を担う若き六代目。冒頭の◯◯◯◯には「料理道具」と入ります。

 

コンビニほどの小さな店になんと8500アイテム以上の料理道具が揃う飯田屋は、品揃えの深さはもちろん、専門知識と人間味豊かな店員がとことんサポートしてくれる人気の店。しかし、かつては安売りに明け暮れ、「この店には未来がない」と従業員が次々と辞めていく「自分で言うのもあれですが、かなりヤバい店でした」と飯田さんは振り返ります。

 

商人失格、経営者落第、勘違い後継者と言われた彼がなぜ変われたのでしょうか? それこそが、編集制作に取り組んだ彼の処女出版『浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟』のメインテーマです。飯田さんは、文中にこう記しています。

 

〈時代が変わり、今までの常識はどんどん変わっていきました。これからますます、今までの常識は通用しなくなるでしょう。常識は時代によっていとも簡単に変わるのです。

 

でも、変わらない常識があります。それは「大切なことを大切にする」というものです。拍子抜けするほどシンプルで、「そんなの聞いたことないよ」と言われそうです。

 

その人は正しい。だって、これは創業から百年以上続く“飯田屋の常識”だからです。このシンプルな常識を大切して、飯田屋は小さいながらも愛され続けてきました。

じつは、これは僕が長年大切にできなかった常識でもあるのです。そのため一時期は、一緒に働く仲間も、お客様も、家族も僕から離れていってしまいました。

 

その後、僕の人生を変えてくれた“神様”と出会い、その大切さに気づきました。藁にもすがる思いで、仕事に、いえ、生き方そのものに取り入れてみました。すると、僕の人生のすべてが驚くほど好転していったのです。〉

 

「商人失格の僕が変われたシンプルな常識」
「しくじり後継者のヤバい経営論」
「繁盛は目の前に 成功は心の中に」
「経営者落第の僕を救った三人の神様」
「大切なことを大切にすると大切にされる」
「超料理道具専門店の笑顔第一主義」
「過剰経営で一点突破」
「売るな! そうすれば売れる!」
「no life, no cookware」
「非常識を常識に変えた僕の繁盛物語」
「コンサルが教えてくれない潰れない店の作りかた」
「百年企業の売上目標ゼロ経営」
「笑顔が先 利益は後」
「売上を捨てたら売上に愛された僕の話」
「マツコも知らない飯田屋の世界」

 

とまあ、本のタイトルをあれやこれやと考えました。最終的には『浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟』となりましたが、どのタイトルの要素も込められた一冊となりました。飯田さんは、私が知るかぎり、もっとも進化と成長を続ける商人の一人なのです。

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー