笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

昨朝、出張先のホテルのカーテンを開けると、虹が空一面に架かっていました。虹を見つけると、いつも思い出すのが「虹の端には金の壺が埋まっている」というイギリスの俗言。昨日もしばらく飽きることなく虹を眺め、端にあるという金の壺を思いました。

 

忙中閑あり。忙しい中にも、こうした時間を大切にしたいですね。そういえば、「忙しい」という字は「心を亡くす」と書きます。漢字ってすごいなあ、なんて思いながらまたしばし虹を鑑賞。そして消える前に写真をパチリ。

 

昨夜のお酒を抜こうと、ホテルの浴場で湯船に漬かります。すると昨夜の会話の中で話題になった一片の詩を思い出しました。思い出せなかった題名が降りてきたのです。こんな詩です。

 

三畳あれば寝られますね。

これが水屋。

これが井戸。

山の水は山の空気のやうに美味。

あの畑が三畝、

いまはキヤベツの全盛です。

ここの疎林がヤツカの並木で、

小屋のまはりは栗と松。

坂を登るとここが見晴し、

展望二十里南にひらけて

左が北上山系、

右が奥羽国境山脈、

まん中の平野を北上川が縦に流れて、

あの霞んでゐる突きあたりの辺が

金華山沖といふことでせう。

智恵さん気に入りましたか、好きですか。

うしろの山つづきが毒が森。

そこにはカモシカも来るし熊も出ます。

智恵さん斯ういふところ好きでせう。

 

 

高村光太郎さんの晩年の作「案内」です。愛する人、智恵子に先立たれ、彼女を思いながら詠んだ素朴な詩です。今も、智恵子が生きているかのように語りかける、少し物悲しい一遍です。

 

特に凝った言い回しも、レトリックも使っていないからでしょうか、逆にすっと心に染み込んできます。いつも、何でだろうと考えます。そして、伝えたい人、そして伝えたいことがぎりぎりまで絞り込まれているからだと納得するのです。この詩を読むと、いつもその光景が画像となって思い浮かぶ好きな作品です。

 

あなたが何か商品の価値を伝えるときも同じです。伝えたい人、そして伝えたいことをぎりぎりまで絞り込みましょう。誰でもいいからと広く、薄く伝える時代は終わりました。小さく、狭く、深く、濃くです。

この記事をシェアする
いいね
ツイート
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー