笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

「文章がうまくなりたい」
仕事柄、こんな質問をいただくとき、私は自分への諫めとして、「まずは良い文章を読み、それを手本として書き続けることです」とお答えしています。
おいしい料理をつくりたければ、おいしい料理を食べることです。美しい服を売りたければ、美しい服を着ることは欠かせません。より良くなりたければ、最良を知ることから始めましょう。
ぜいたくを勧めているわけではありません。目指すべき頂上を理解していなければ、そこには行けないからです。最良を知り、そこへ向かって一歩一歩足を運ぶことが頂上への最も確かな道であることを、倉本長治主幹はこう遺しています。
「創意を尊びつつ良い事は真似よ」
「学ぶ」の語源が「真似る」と同じであり、「真似ぶ」とも言われていました。「真に似せる」の意味から「真似(まね)」や「真似ぶ」が生まれ、「学ぶ」という語が生まれました。つまり、真似は学びの基本であり、学びは真に似せることから始まります。
では、長治主幹の言う「良い事」とは何でしょうか。儲かることでしょうか。容易なことでしょうか。実は、これらの理由はすべて「自分にとって」という前提に立っています。
真似るべき良い事は「そんなものではない」と長治主幹はおっしゃるでしょう。「ただ一つ、お客様にとって良い事のみであり、その確信が持てるならば勇敢に真似よ」と。
ただし、真似る上での心構えも大切です。目に見える事柄の物真似だけでは、良い事の本質を自分のものとすることはできません。良い事の中にある目に見えない心も理解できたとき、他店・他社の表層的な模倣を超えて、真似は学びとなり、創意への一歩を踏み出せるのです。
創意というのは自分で考え、自分で工夫を重ねて独自性を生み出そうとする営みです。このとき、資本力も企業規模も必要はありません。商業の歴史を振り返ると、これまで革新の多くは辺境から興りました。辺境とは素人であり、小さな存在のことです。一点、革新者には他人の真似ごとを超えて、自分の頭で考えた工夫を大切にする姿勢があります。
真似と創意は対立するものではなく、互いを補完する関係にあります。真似の中から創意は生まれるし、創意があるから真似もできるのです。
だから、初めは小さなことの真似からでもいいのです。実践なくして実現することは何もありません。今を大切にしましょう。人生は「今」の積み重ねです。此の一瞬の積みかさねこそ君の全生涯――これもまた長治主幹の遺した言葉です。

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー