笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

商いは面白い

時代が大きく変革しています。商業資本主義から産業資本主義、金融資本主義を経て、次の時代が姿を現わすでしょう。そのおぼろげな姿が見えてくる日まで、しっかりと自分のお客さまを守りたいものです。

 

子どもの数、高齢者の数、思想や主義の違い、個人所得や生活様式の違い、資源の枯渇、技術革新など多くの条件が絡み合う時代を迎えています。これまでのような単一社会、画一社会とは違った細妙な消費社会を想定しなければならなくなることは確かです。

 

「人間は一人では生きられない」生物です。それでいて、一人ひとりは微妙に異なり、その異なるからこその組み合わせがあります。生きがいの違いが生まれ、画一、単一の社会には満足することはありません。画一、単一は一歩間違えれば大きな危険をさえはらんでいます。

 

それを「あきない」はどう捉えるか、大きな期待が持たれる時代です。だからあきないは面白い――倉本長治なら、おそらくそんなふうに言ったことでしょう。さあ、今日も仕事を始めましょう。

 

【今日の商う言葉】
一人の人間の持つ
個としての尊厳を
自覚すること
それが商いの原点である

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー