笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

「おまへがたべるこのふたわんのゆきに

わたくしはいまこころからいのる

どうかこれが兜率(とそつ)の天の食に変わって

やがておまへとみんなとに

聖い資糧をもたらすことを

わたくしのすべてのさいわひをかけてねがふ」

 

休日の朝、漫画の単行本を読み返しました。魚乃目三太さんの『宮沢賢治の食卓』という作品で、故郷の岩手県花巻で農学校の教師をしていたころのエピソードと、彼が好んだ食を題材とした作品です。

 

冒頭の詩は、賢治の最大の理解者であり、2歳下の最愛の妹だったとし子が24歳の若さでこの世を去る折の心情を綴った「永別の朝」の最後の一節。好きな賢治の作品の中でも、とりわけ心打つものの一つです。

 

『宮沢賢治の食卓』を読み、あらためて賢治の作品を読み返す休日でした。

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー