笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

「お許し下さい」

こんなお詫びの言葉から始まるチラシがあります。1960年夏、衣料品店として日本で初めてセルフサービスを導入した「ハトヤ」のものです。

 

わずか13坪で、当時において年商3億円という繁盛ぶりの同店は、事件の日も多くのお客様でにぎわっていました。混雑する店内で、ある婦人客が購入した子どもの肌着を包装紙から取り出して、家から持ってきた着古しの肌着と寸法合わせをした後、これを手提げ袋にしまいました。それを女性店員の一人が万引と見誤ってしまったのでした。

 

お詫びセールに長蛇の列

 

店員から疑いをかけられたお客様は当然のことならがお怒りになりました。ハトヤを夫・西端行雄さんと営んでいた春枝さんは、お客様の家に繰り返し出向いて、誠心誠意謝罪したといいます。その甲斐あってお客様にはお許しいただいたのでしたが、お客様を万引扱いしたという申し訳なさは納まるものではありませんでした。

 

そこでお詫びの気持ちを表現するために実施したのが、冒頭のチラシで告知した「お詫びセール」でした。800円ほどの衣料品を詰めた袋を100円で、一日1000人のお客様に4日間にわたって販売するというものでした。

 

売れれば売れるほど店は損をするというセールです。しかも通常の開店時刻である10時30分より前、7時30分から1時間をセールとすることで、通常の営業とは切り離して実施しました。

 

日を重ねるごとに、開店を待つお客様の列は伸びました。セール開始時刻前にすでに1000人のお客様が並び、4日目の最終日には警察が出動するほどの反響を呼びました。万引と間違えた店員はもちろん、「すべての店員たちが一致団結してお客様に向き合った4日間だった」と春枝さんは振り返っています。

 

間違いは誰にも起こりうるもの。ただ違うのは、それにどのように向き合うのかという姿勢にあります。本音と建前の別なく、人の心の美しさを実践した西端夫妻の商いがその大切さを教えてくれます。

 

人の心の美しさを商いの道に生かす

 

夫の西端行雄さんは、彼を知る人なら誰からも敬意をもって「仏」と呼ばれた商人。中小商業者が団結した革新的チェーン「ニチイ」を設立した人物です。西端さんと共に真商道の道を歩んだ妻、春枝さんが逝去された現在でも、その功績は日本の小売業史に輝き続けています。

 

西端夫妻と親交の深かった商業界創立者、倉本長治は夫妻をこう評しています。「その精神の美しいこと、信念から生まれる力の逞しいことは計り知れない。西端という人は自分の側に過ちらしきものが少しでもあってはならぬとするが、他人のためにはどこまでも常に思いやりが深かった。自分については何事も極めて厳格であった。万事について、そんな人柄であった」。

 

人の心の美しさを

商いの道に生かして

ただ一筋に

お客様の生活を守り

お客様の生活を豊かにすることを

わが社の誇りと喜びとし

日々の生活に精進いたします(合掌)

 

この「誓いの詞」という一篇の文章は、西端夫妻がハトヤの時代から朝礼・終礼のときに従業員と共に唱和し続けた行動規範。 そのニチイは後にマイカルとなり、今はイオンに救済統合されましたが、慈愛真実の商人、西端夫妻の功績は決して色あせるものではありません。なぜなら、夫妻の目指した商いは今も引き継がれているからです。

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー