笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

強く生きる言葉

おかげさまで57回目の誕生日を迎えました。ここまで大病なく、多少の無理のきく体に生み育ててくれた両親に感謝します。

 

 

57歳最初の読書は、岡本太郎さんの『強く生きる言葉』。言うまでも、太陽の塔をはじめ日本を代表する抽象絵画・造形作家。私たちの世代にとっては「芸術は爆発だ!」というテレビコマーシャルが強く記憶に残ります。

 

本書は、彼の遺した名言集。出版社の編集者であり、岡本太郎の秘書であり、養女であり、実質的な妻であった岡本敏子さんが採集した日常の「太郎のつぶやき」がまとめられています。あとがきにはこうあります。

 

「力強く、鋭くて、それでいてデリケートな太郎の言葉は、きっと今の、どっちを向いて歩きだしたらいいのか解からない、途方にくれた人々を力づけ、勇気を与えるに違いない。元気な人は励まされもっと元気に、愛ある人はもっと優しく、それぞれにこれらの言葉を噛みしめて、いのちを輝かしてほしい」

 

では、いくつかシェアしましょう。今朝読み直して刺さったものです。

 

 

こんなに弱い、なら弱いまま、

ありのままで進めば逆に勇気が出てくるじゃないか。

もっと平気で、自分自身と対決するんだよ。

 

いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。

やってごらん。

 

人生はキミ自身が決意し、貫くしかないんだよ。

 

何のためにこの世に来たのか。

そして生きつづけているのか。

ほんとうを言えば、誰も知らない。

本来、生きること、死ぬことの絶対感があるだけなのだ。

 

 

まあ、何はともあれ、生かされていることへの感謝を忘れずに、一日一日をこれらの言葉のように燃焼させていきたいと思います。毎日、よく燃やしきり、朝に再生する。その繰り返しです。皆さまも、よく燃えてください。

この記事をシェアする
いいね
ツイート
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー