笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

できることから始める

一人では人間は生きてはいけません。

 

だから昔の町衆は、みんなでまちをよくすることに全力を挙げていました。他人任せでは生きたまちにはなれません。あなたが先頭に立って、呼びかけること、一人が二人に、二人が四人になります。

 

できることから始めましょう。

 

買ってはいけないお客さまには売らない店になりましょう。商売とはただ売上げを上げることではありません。苦しい時には、みんなで苦しみながらそれを越える努力と、越えたときの喜びを考えましょう。

 

時代が大きく変革しています。

 

21世紀とは、商業資本主義から産業資本主義、そして金融資本主義を経て、次の時代が姿を表わす精機で花いでしょうか。新資本主義のおぼろげな姿が見えてくる日まで、しっかりと自分のお客様を守りたいものです。

 

子どもの数、高齢者の数、思想や主義の違い、個人所得や生活様式の違い、資源の枯渇、技術革新など多くの条件が絡み合う時代を迎えています。これまでのような単一社会、画一社会とは違った細妙な消費社会を想定しなければならなくなることは確かです。

 

人間は一人では生きられない生きものです。

 

それでいて、一人ひとりは微妙に異なります。その異なるからこそ、組み合わせがあり、生きがいの違いが生まれ、画一、単一の社会には満足しないどころか、一歩間違えれば大きな危険をさえはらんでいます。それを「あきない」はどう捉えるか、大きな期待が持たれる時代です。

 

だから、あきないは面白い。

 

あなたが人生をかけてやる価値のある営みです。誰かを喜ばせることが、自分の喜びとなる仕事です。さあ、今日もお客様との出会いを大切にしましょう。

この記事をシェアする
いいね
ツイート
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー