笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

商人なら、誰でも売りたいけれど、店の都合でものは売れません。店の前を通り過ぎる人を恨めしく思い、たまに入ってきたお客様が何も買わずに出ていくと、「次こそは!」と肩に力が入ることはありませんか。売り込もうとすればするほど、お客様は慎重になり、買う気を失っていきます。そして、その店には二度と足を運ばないでしょう。

 

お客様が買わなければ商いは成り立ちません。だから、値引きをしてでも売上げを取りにいく商売が横行しています。実はそこには、自分の都合しかありません。お客様は商人の都合でものを買いません。

 

どうしても売りたいなら、自分の都合ばかりを押しつけるのではなく、お客様の側に立って考えてみることです。どんなお客様の、どんな場合の、どんなお役に立とうとしたいのか――。こうしたお客様の都合に立ってこそ、自分の都合も生きるのです。

 

売るということは、お客様と心を通わせることです。思いやりを根本に置いた人と人の付き合いです。人からすべてが始まるのです。”あの人”の顔を心に浮かべ、その暮らしぶりを思い描き、”あの人”ために仕入れ、さりげなく店に置けば、”あの人”がやって来て、「そうそう、こういうのが欲しかったの!」と笑みをたたえて買っていく――。

 

見送るあなたも笑顔になり、そっと心で「喜んでもらえてよかった」と思うことでしょう。「ああ、販売って素晴らしい」と。あなたに“あの人”と思い浮かぶ人はいますか?

 

【今日の商う言葉】
販売の第一線に立つ人が
親切と熱心に徹することは
販売技術の巧拙よりも
繁盛に役立つものである

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー