笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

鹿を追う漁師 儲けばかり追う商人

「鹿を追う猟師は山を見ず」という諺がいうように、儲けばかりを追う商人はお客様を知りません。いやそんなことはない、とあなたは反論するかもしれません。しかし、お客様の本心や願いを果たして本当に見ているでしょうか。

 

視線の動きを記録できる装置を販売員につけて、その動きを調査したマーケティング会社がありました。販売成績の良い販売員は、お客様が入店してくると、すぐに相手の目を見つめ、その後もお客様の行動を折々に見ているそうです。

 

一方、成績の優れない販売員は、お客様が入店してきてもすぐには認識しません。しばらくしてようやく認識すると、あとはお客様そのものより、お客様が関心を示した商品のほうに視線が集中しているそうです。

 

人の行動とそこに現れる心の動きにフォーカスを当てるか、商品に目を奪われ気に掛けるか――。いくら商品というモノに注意を向けても、“買う”という行為をするのはお客様という人間です。私たちが見るべきは人、そしてそこから汲み取れる心の動きであるはずです。

 

【今日の商う言葉】
鹿を追う猟師は
山を見ないというが
儲けばかり追う商人は
お客様の心を知らない

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー