笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

革命戦士が遺したもの

〈ある夏の日の夕方、スイカを担いでわざわざ私の自宅においでになりました。どんなご用かと思っていたら、「今日はえらい目に遭った」と言うんです。日曜日にはいつも店回りをしていたそうですが、この日も回っているうちに、青果売場がどうしようもない店があったそうです。中内さんは見かねて店長を呼んで、何人かで全部売場をつくり変えた。

 

すると、店長がえらく丁寧に礼を言ったそうです。店員たちも一緒に頭を下げてくれた。それで、ふと気づいたらそこはライバル店だったというわけです。自分の店じゃなかったんです。

 

それで何か買わなきゃ申し訳ないと思ってスイカを買われ、私のところに寄ったんだということでした。いろいろと見ているうちに、これは許せないと思ったときは、自分の店であろうとなかろうと直さずには気がすまない。お客様への思いを強く持った方でした。〉

 

2005年9月に逝去した日本の流通革命の旗手、中内功さんの追悼文集の一部です。「この資源のない国で、世界一豊かな暮らしを提供するためには、もっと使命感に燃えた人が必要だ」とは、中内功さんが遺した言葉。まさに、この言葉どおりの希代の商人でした。

 

しかし、一万人が「やろう!」と決意しても、実際に始める人はいいところ百人足らずでしょう。しかもやり続けられるのは、始めた百人のうちの一人いればいい。その一人と9999人との違いは何でしょうか。それは誰かのためという使命感にあります。

 

【今日の商う言葉】
やりたい人は一万人でも
始める人は百人くらい
続ける人は一人たらず
あなたはどこに当てはまるか

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー