笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

日本商業の国勢調査ともいえる商業統計。その役割を経済センサスに譲りましたが、長く日本商業の実態を表わすものでした。少し前のデータですが、確認してみましょう。

 

小売業事業所数のピークは1982年の172万店。それが直近の2014年では78万店。およそ30年の間に100万店がなくなりました。

 

その過酷な環境下で、あなたの店はお客様に愛されて存在しています。それはとても素晴らしいことです。その理由がどこにあるのか、見極めましょう。その営みと実践が、あなたの商いを強くします。

 

1店舗あたりの年商は1億6382万円(2012年比116.1%)。従業員1人あたりの年商は2659万円(同109.5%)。売場1平米あたりの年商は58万円(同96.2%)。

 

この3つの数字は平均をとったものです。あなたの商いを、これらと比べて一喜一憂する必要はありません。「平均の店」なんて存在しないし、そこには何の魅力もありません。

 

あなたの店には、あなたの店だけの魅力があり、強さがある。それを大切にして、より磨きをかけることに全力を注ぎましょう。あなたが商いをする理由も、存在価値もそこにしかありません。

 

あなたはこれまでに多くのお客様を喜ばせてきました。なんという栄光、なんという幸福でしょうか。だからこそ、今日も店を続けられているのです。その営みを留まることなく、今日も新たな気持ちで続けましょう。さあ、シャッターを開ける時間です。

 

【今日の商う言葉】
心から人を喜ばせるのが
どれほど難しいことだろうか
ところが真の商人はお客様に
喜びの商いを毎日施している

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー