笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

おもいやりとはたくましさ

郊外にショッピングモールさえあれば、商店街の小さな店は不要でしょうか? インターネットでいつでもどこでも買物できれば、街なかの実店舗は無意味でしょうか? あなたの答えが「否」であるならば、先をお読みください。

 

都市に緑が必要なのは空気を新鮮にし、人びとに安らぎを感じさせるためです。しかし街路樹には、本当に人を喜ばせ、美しいと思わせる樹木はありません。チェーンストアやインターネット通販は、そうした街路樹のようなものです。

 

樹のうちには、街路樹ではないほうが良い性質のものがあります。一茎の小さな草、伸び伸びと枝を伸ばした自然樹にしかない価値があります。そのほうが人間にもっと大きい喜びを与えることを忘れてはなりません。

 

しかし、野の花や樹はたくましくなければ生きられません。太陽の光を受けようと幹を伸ばし、地の恵みを得ようと堅く痩せた土壌に根を張ります。そんなたくましさを持つ店、持つ商人だけが、お客様の暮らしを心豊かにできます。

 

そんな店、そんな商人だけが生きていける時代なのです。お客様への愛に裏づけられた、たくましさを身につけてください。たくましさとは、おもいやりのことです。

 

【今日の商う言葉】
お客様に愛されたいなら
あなたがお客様を愛そう
愛とは相手をおもいやり
それを続けるたくましさである

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー