笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

世々生々、父母兄弟

一切の有情は
みなもって
世々生々(せせしょうじょう)の
父母兄弟(ぶもけいてい)なり

 

これは鎌倉期の宗教家、親鸞の教えをまとめた『歎異抄』の一節です。生まれ変わり死に変わりして経験する世(世々生々)において触れ合う人は、前世においては近しい人(父母兄弟)かもしれないという意味と理解しています。つまり、日々向き合うお客様はまさに父母兄弟かもしれません。

 

そんな一期一会を大切にすること、それこそ「店は客のためにある」の精神です。今日、売場で出会うお客様のことを深く、そして濃く思います。どんな思いを持って生き、何に喜び、何に悲しむのか? そんなお客様のどんな場合に、どのようにお役に立てるのか?

 

触れ合うお客様との縁は奇跡。その縁を大切にすることは、過去とつながり、未来をつくる営みです。縁を生かしてこそ、あなたの店に繁盛は訪れます。今日、あなたが出会うお客様は父母兄弟姉妹なのです。

 

【今日の商う言葉】
どんなお客様のどんな場合に
どんなお役に立てるかを
お客様より深く濃く考える
それが売るということである

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー