笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

成功の道連れ

良い従業員は良い店主の元に育まれます。良い店主は正しいphilosophy(哲学・理念)の元に生まれます。従業員の質が下がったと嘆く店主ほど、自身が成長していない事実に気づいていません。まず自身が良い店主となりましょう。

 

従業員と共に歩み、一代で世界最大の小売企業をつくり上げた商人がいます。20世紀を代表する経営者の一人、ウォルマート創業者のサム・ウォルトンです。サムは自らの体験を通じて得た商いの法則を、10篇の短文にまとめています。
後進たちはそれを「サムの十カ条」と読んでいます。

 

「利益を従業員と分かち合って、パートナーとして扱おう」「従業員が仕事のためにしたことはすべて高く評価しよう」「すべての従業員に耳を傾け、彼らに話させる方法を工夫しよう」これらをはじめ、なんと十カ条のうちじつに半数が従業員に関する教えです。

 

従業員とは損益計算書に計上される経費科目ではなく、価値の創造者です。従業員とは作業をこなすワーカーではく、同じ目的に向かうファミリーの一員です。従業員とは、店や企業を裏側まで知り尽くしている最も大切なお客様です。商人にとっていちばんの幸福は、良い従業員に恵まれることなのです。

 

【今日の商う言葉】
商人の成功の道連れは
志を共にする従業員です
途中ではぐれないためにも
真実と愛情の絆が必要です

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー