笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

誠実さは繁盛に 知恵深さは利益に

計数管理は商いをする上で大切な指標です。数字を見ないのは、燃料計や高度計のない飛行機を操縦するようなものです。しかし、それ以上に大切なことがあります。しかもそれは、残念ながら数字で測れないものなのです。

 

善と悪、正しいか正しくないかという行いのバランスシートを持ちましょう。あなたの商いが人間の行いとして心あるものかどうかを図るのです。貸借対照表の貸方勘定の増えることばかりを気に病んでも意味はありません。晴れ晴れとした“心”のバランスこそあなたの商いの価値を高めます。

 

計数管理とは、人間の骨格や血液の量、体重の記録のようなものです。それだけでは単なる解剖結果にすぎません。骸骨に肉をつけ血を通わせても、人間そのものはわかりません。生命と精神を与えられて初めて人間は動き出します。

 

数字だけで経営あらゆる実態がわかると思ってはいけません。計数の重要性を理解しつつ、その限界を知るべきです。間違った方向へ目標を立てて計数を目安に進んでも、その先に正しい商いはありません。正しい方向、つまり人間としての誠実な志が先になければ、計数は意味を持ちません。

 

【今日の商う言葉】
商人の誠実さは
繁盛で証明され
商人の知恵の深さは
その利益で測れる

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー