笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

Think small, think different.

人、物、金など、あなたの持つ事業資源は限られているはずです。それなのに、大資本流通業と同じことをしても敵うわけがありません。それなのに、広く、浅く、薄い商いをしていても、お客様は来てくれません。たとえば、次の3つを絞りこんでみましょう。

 

商品を絞る――
関連商品を広げすぎて、いったい「何屋」なのかわからなくなっていませんか? お客様のためと言いながら、じつは「他店で売れているから」と品揃えしていませんか? 豊富な品揃えと言いながら、品選びの責任をお客様に放り投げていませんか?

 

商圏を絞る――
より遠くから新規のお客様を呼び込もうと、いたずらに広告していませんか? そうやって呼べたお客様なのに、2回目の来店がなかったりしませんか? 本当の繁盛とは、名前のわかるお客様に生涯利用いただくことだと知っていますか?

 

顧客を絞る――
あなたの店は、誰の、どのようなニーズに、どんなふうに応えていますか? このとき「誰の」があいまいでは、誰からも振り向いてもらえません。誰に、どんな価値や喜びを、どんな商品に添えて、どんな方法で届けたいのでしょうか?

 

低成長経済、人口減少のこれから、店はよりシビアにお客様から選ばれていきます。小さく、狭く、濃く、深く――こうした視点からあなたの商いを見直してみましょう。Think small――小さく考えることで、やることが明らかになります。Think different――常識に囚われずに考えることで、そこに独自の強みが生まれます。

 

【今日の商う言葉】
売場を埋め広告するために
商品を仕入れてはいないか
品揃えとは本来
商人の哲学の実践である

この記事をシェアする
Share on facebook
いいね
Share on twitter
ツイート
Share on email
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー