笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

カレー物価指数急上昇

昨晩、何を食べましたか? もしくは最近、カレーはいつ食べたでしょうか?

 

ラーメン、ハンバーグと並んで「日本三大国民食」と言われるカレー。全日本カレー工業協同組合および日本缶詰びん詰レトルト食品協会が公表している統計によると、日本人は一年間にカレーを約79.1回食べていることになります。

 

つまり、週に1回以上は何らかの形でカレーを食べていることになります。専門店、うどん・そば店、喫茶店、ファミリーレストランなどカレーを供する業態もさまざま。近ごろでは「健康にいい」と“朝カレー”もブームといいます。

 

そのカレーが値上がりしています。

 

世界最大のカレー専門店チェーンといえば、売上高およそ550億円、国内外に1400店舗を展開し、年間約9500万食を供給する「カレーハウスCoCo壱番屋」。同社が2022年12月、2024年3月、そして同年8月にはわずか3年で3回目の値上げをするとニュースになりました。理由は「各種原材料や光熱費、物流費、人件費など、さまざまなコストが継続的に上昇している」ことと同社。

 

実質賃金(会社で働く人が受け取る名目賃金から、物価変動による影響を除外した賃金の動きをみる指標)が過去最長となる26カ月連続マイナスと先が見えない中、外食を控える人たちも増え、それならば“おうちカレー”にシフトかと思えば、こんなニュースもあります。

 

 

企業信用調査会社、帝国データバンクによると「カレー物価指数が急上昇」という。「カレーライス物価」とは、カレーの調理に必要な原材料や光熱費等の価格(全国平均)をもとに算出した、カレーライス1食当たりのトータルコストが、2024年5月に1食当たり323円となったとのこと。

 

2023年8月以降10カ月連続で300円台となったほか、単月では2015年以降の10年間で最高値を更新したという。また、1年前の2023年5月(298円)から25円増加し、安価で手軽に調理できるカレーライスのコスト負担増が続いています。

 

 

こうした数字を見るうえで大切なのは、数字の中に潜む消費者の心理に想像をはたらかせること。たとえば内食のカレー単価323円に対して、外食の壱番屋のそれは客単価として1099円。この3倍の開きが消費者の行動心理にどのような影響を及ぼすかを考えることです。

 

日本商人の父、倉本長治の遺した「店は客のためにある」とは、お客様の心を自分の心とすること。お客様視点で自らの商いを変革することです。カレーにまつわるニュースから、そんなことを思いました。

この記事をシェアする
いいね
ツイート
メール

毎日更新|笹井清範の

笹井清範の商人応援ブログ 本日開店
都道府県

毎日更新|笹井清範の
笹井清範の商人応援ブログ 本日開店

お客様を愛し、お客様に愛される商人に、元気と役立つ情報をお届けします

新刊案内

倉本長治の商人学

笹井清範 著
柳井正 解説

DATA

【価格】1,980円(本体1,800円+税)
【発行】株式会社プレジデント社
【体裁】四六判/272頁

【ISBN】978-4-8334-2464-6

好評既刊

笹井清範 著

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践
DATA

【価格】1,760円(本体1,600円+税)
【発行】同文舘出版株式会社
【体裁】四六判/240頁

【ISBN】978-4-495-54085-2

笹井清範|商い未来研究所

店よし客よし世間よし
三方よしに加えて未来よし
商人のみなさん
四方よしを目指そう

当研究所は、お客様を愛し、お客様に愛され、明るい未来を創造しようと努めるあらゆる商人の応援団です。「商業界」編集長として向き合った4000人超の商人から学んだ「選ばれ続ける店のあり方とやり方」を講演や研修、執筆を通じてお伝えしています。