笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

笹井 清範

ジーンズに込めた哲学

「信用とは、目に見えない商品そのものです。見えないものをつくり上げるのが商人の役割だと思います。ものは残りませんが、つくり上げた信用という価値はいつまでも残り続けます。だから“ものづくりバカ”にはけっしてなってはいけませ …

ジーンズに込めた哲学 もっと読む »

100年フライパンと商いの哲学

日本有数の料理道具街、東京・かっぱ橋で1912年に創業した料理道具店「飯田屋」には、超マニアックで専門的な道具が所狭しとばかりに並び、世界中の料理人と料理好きが集まります。その六代目店主、飯田結太さんには夢がありました。 …

100年フライパンと商いの哲学 もっと読む »

【儲け】利益とはお客様から 信頼された証拠であり 商人が責任を負う 未来のための資源である

「お話を聞いていると、高い利益率の店のことばかり。そんなに儲けていいんですか?」 東北のあるまちで講演したとき、受けた質問です。 生活者の購買意識、中小商業者が目指すべき商いについてお話ししました。 テーマは「あの店はな …

【儲け】利益とはお客様から 信頼された証拠であり 商人が責任を負う 未来のための資源である もっと読む »

【店】 人生は砂漠のようだと 嘆く人がいる ならば店は砂漠の中の オアシスのようでありたい

これまで日本の小売業は売場効率を追い求めてきました。 つまり、坪当たり売上高。 それが高いほど優秀な店であり、立派な商人とされてきました。   でも、よく考えてください。 どれほど売上げを積み上げでも、それが質 …

【店】 人生は砂漠のようだと 嘆く人がいる ならば店は砂漠の中の オアシスのようでありたい もっと読む »

【広告】愛情と真実と良識 この三つだけで つくられた広告なら 他に余計な装飾は不要だ

ラブレターと広告の違いは何でしょうか? 後者が同時に多数に求愛する必要上、印刷したり放送したりするだけです。 つまり、その本質はどちらも相手をおもいやる愛にあります。 良い広告とは、相手を想う気持ちの在り方においてラブレ …

【広告】愛情と真実と良識 この三つだけで つくられた広告なら 他に余計な装飾は不要だ もっと読む »