笹井清範OFFICIAL|商い未来研究所

目の前の一人のために

私たちが目を向けるべき対象は誰でしょうか。ある店ではそれを競合店と考えました。数あるライバルの価格をすべて調べ上げ、彼らに価格で勝ろうと品質を落としてまで最安値をつけたのです。しかし、お客様は誰も振り向いてくれませんでした。

 

倒産瀬戸際のある日、たまたま訪れたお客様の困りごとに彼は全力で向き合い、努力の末にお客様の望みを解決。すると彼の心に、他店を気にしていた頃には感じられなかった喜びが湧き上がってきたのです。その日を境に、その店は繫盛店の道を歩みはじめます。

 

「1人の人は平均で250人の人とつながっている」とは、世界ナンバーワンのセールスマンとしてギネスブックにも載るジョー・ジラードの言葉。「250の法則」とも言われ、1人に対して行ったことは、多くの人に伝わる可能性があることを自身の経験から説いています。

 

お客様1人を満足させれば、そのお客様とつながった250人にもクチコミで広がる可能性があります。一方で、お客様1人を不快にしてしまうと、250人に悪評が伝わる恐れがあります。接客や営業は一期一会。目の前のお客様の笑顔こそ繁盛の入り口です。

 

【今日の商う言葉】
他店と繁盛を競うほど
無意味なことはない
心砕き目を向けるべきは
一人ひとりのお客様だ

この記事をシェアする
いいね
ツイート
メール
笹井清範

笹井清範

商い未来研究所代表
一般財団法人食料農商交流協会理事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

新刊案内

売れる人がやっているたった4つの繁盛の法則 「ありがとう」があふれる20の店の実践

購入はこちらから

Social Media

人気の記事

都道府県

カテゴリー